2007年06月12日

小説の書き方

人によって結構いろいろあると思います。
じっくりプロットを練る人。
思いつきのままに筆を動かす人。
細かいネタをつなぎに繋ぐ人。
いろいろ有ると思います。
そのうち私の書き方も公表したいなトか思いつつ、稚拙さにあきれられそうで怖かったり・・・。

にしても、夢。寝ているときに見る夢!
いいですよね。

今日久しぶりにうつらうつらしたときに、退魔風の夢を見ました。
修学旅行のときにどんちゃらやらかす感じのネタです。
小説になる予定はありませんがね。
短編として仕上げられるようなら公表はしたくもありますが・・・。

最近更新が全然なかったので気分転換紛らわし程度に駄文更新でした。
さぁ、寝よう。
posted by 悠香璃・halfmoon at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

この、すばらしくくそったれな世界に・・・

オンラインゲームが広がり始めて10年近くたちます。
まだ10年はたってないかな?
ともかくも、そういった世界で出会い結婚した人が、増え始めている頃です。
そういった出会いを笑う人は多いでしょう。
私から言わせれば笑うほうがバカですが。

普通に考えて、沖縄の人が北海道の人と出会うことがあるでしょうか?
普通に考えて、東京の人が韓国の人と出会うことがあるでしょうか?
普通に考えて、自分に一切関係のない土地の人と、出会うことが有るでしょうか?
そういった出会いの可能性を爆発的に広めたのがネット、さらに言ってしまえばコミュニケーションとして優秀であったオンラインゲームです。
擬似的な他者との交流。実際には遠くはなれて会うことすらも出来ない距離。
それでも、心は隣にいられる。そんなすばらしく、そしてくそったれな世界です。
どれだけ好きになったとしても、距離の壁が縮まることは一切ありません。逆も同じく。
そんな世界で出会い、そして現実に到って、さらに結婚してしまうほどの運命を、出会いを導いてくれる世界がありました。

日本では一番そういった話題に事欠かないのがラグナロクオンラインだと思います。
ついで多いのはマビノギになりそうかな。
世界としてあまりにも未熟で、だからこそユーザーたちの手で広がって、そしてさらに小さな世界を作り出した。そんな力のあるゲーム。

すべての出会いに。
すべての別れに。
そして、今までの思い出とこれからの出来事に。
ありがとうと、もう一度言いたいです。

人の数だけ存在する数多の物語、ソレは悲恋であったり悲劇であったり喜劇であったり笑劇であったりするでしょう。
ソレは運命であったり偶然であったり必然であったりするでしょう。
そんな、人と人とを繋ぐことの出来る世界が、私は好きです。

だから、精一杯のありがとうと・・・これからも宜しく。

・・・以前にも似たようなことかきましたが、そういう気分なのでかきました。
後悔はしてないです。
でも恥ずかしいね。
posted by 悠香璃・halfmoon at 19:06| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。