2007年01月05日

四季〜巡り送り歌〜

春を送って夏を迎え

夏を鎮めて秋と為す

秋を眠らせ冬を込め

冬は目覚めて春を生む

−さくらさくら やよいのそらは−
  春の宴は送りの儀式
    −いざやいざや みにゆかん−
      春の桜は宴の標
        −さてもいとしき はるのゆくえは−

−うのはなの におうかきねに−
  夏の祭りは鎮めの祀り
    −さつきやみ ほたるとびかい−
      夏の帷は纏りの導
        −ゆうづきすずしき なつはこぬ−

−ゆうやけこやけで ひがくれて−
  秋の奉りは眠りの祷り
    −まるいおおきな おつきさま−
      秋の実りは祈りの証
        −そらにはきらきら きんのほし−

−としのはじめの ためしとて−
  冬の榮は子供の遊び
    −よもにかがやく けさのそら−
      遊び出は春の産声
        −あおぎみるこそ とうとけれ−

    こうして季節はひとめぐり

        めぐりめぐりて輪をつなぐ

季節はきせつをつないで巡り

  やがてひとつの輪にいたる

巡りてつなぎ 繋いでめぐる

   これは季節の巡り歌

      これは季節の繋ぎ歌
posted by 悠香璃・halfmoon at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

貴方がいない・・・

別れた夜から幾夜すごしたことでしょう

帰ってくると言ったから、ずっとまっていたけれど

貴方は帰ってこなかった

ある日届いた手紙には、私のことは忘れてと

そう書いてあったけど、忘れるなんてできなくて

街中でいない貴方を探したけれど、ほんとはずっとわかってた

もう二度と会えないと

それから気が向くたびに、貴方との思い出の場所を巡ってた

何処にも貴方の姿はなくて、思い出すのは優しい夢

なのになぜか苦しくて、私は静かに目を閉じた
posted by 悠香璃・halfmoon at 00:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。